FUTURA VS Carry-On
イメージ画像
スーパーカー タンデム シングル パワースポーツ モデル 7x18
(クローズド)
7x18
(オープンデッキ)
7x15
(クローズド)
7x15
(オープンデッキ)
2000mm 1925mm 1875mm 1850mm 荷台幅 2075mm
5000mm 4000mm 3000mm 荷台長さ 5400mm 4500mm
不可 荷台前方はみだし 可(600~700mm)
不可(ナンバーステー等が荷台をふさぎます。) 荷台後方はみだし 可(障害物無し)
2540kg 1900kg 1250kg 1350kg 最大積載量 2250kg 2350kg 2500kg
電動昇降式荷台 積載方法 ラダースロープ格納式
アプローチアングル 約12°
オプション(41,040円:床下固定ステーとセット) スペアタイヤ 付き(固定ステー無し)
オプション(108,000円/162,000円) タイヤラック 設定なし
オプション(税込68,000円) ストーンガード 設定なし
オプション(税込54,000円) ウインチ 設定なし(ワンオフ取付例:13~28万円)
オプション(税込34,000円) ラッシングベルト 設定なし(別売商品:レール、ベルト、取付で2~7万円)
¥1,890,000
(予価)
¥1,560,000 ¥1,100,000 ¥1,000,000 価格(車両本体) ¥800,000 ¥740,000 ¥760,000 ¥700,000
¥100,000 予備検査取得費用 ¥270,000
¥1,990,000
(予価)
¥1,660,000 ¥1,200,000 ¥1,100,000 予備検渡し価格 ¥1,070,000 ¥1,010,000 ¥1,030,000 ¥970,000
その他 中心部:床なし 中心部:床なし
 
※各数値は暫定値です。
                              個体差や各車両の仕様、モデルチェンジ等で変動する場合があります。
MAROYAではこれまでもアメリカCarry-On社製の車載トレーラーを取り扱っております。FUTURAとキャリーオンの主な相違点は以下の通りです。

【メリット(フューチュラの方が有利な点)】
・車高の低いレーシングカーの積み下ろしが格段に容易になる。
・初めから日本規格に合わせて製作。
 予備検査取得費用が大幅に安く、この機能ながらキャリーオンとの乗り出し費用差額は少なめ。
・見た目も機能もカッコイイ!
・アルミ素材で軽量、人力でのとりまわしも容易。
 特に1軸モデルは楽々移動できます!
・移動販売車のベースにすれば、お客様と同じ目線の高さでの接客応対が可能です!
・豊富なオプションで、競技車両との相性もバッチリ!
 例) タイヤラック、ストーンガード(跳ね石避け)、ウインチ等
・たったの54,000円(予価)で、オプションのウインチを装着可能。
 これは、初めからバッテリーを積んでいるフューチュラならでは!
 (キャリーオンにウインチを後付けする場合、「バッテリー、充電装置、ワンオフ台座」まで含めると
 約25万円必要です。)

【デメリット(キャリーオンの方が有利な点)】
・荷台の幅が狭い。
 (キャリーオンは207cm vs フューチュラは190/195cm)
・最大積載量がやや少ない。
 (キャリーオンは2300-2500kg vs フューチュラは2軸モデルでも最大1900kg)

車屋さんなど、いろんなクルマを積む可能性があるならキャリーオン。
個人でいつも同じ競技車両しか積まないならフューチュラ。
おすすめの使い道としてはそんな住み分けになりそうですね!